【発達障がい】感覚障害に苦しむ方たち 2

奥中山高原 結カフェの福祉サービスを利用しているMさん

編み物が趣味の20代前半の女性です。

ASD(自閉症スペクトラム、旧アスペルガー症)というハンディーキャップを持っています。

普通高校を卒業し、知的レベルは高い方ですが、

感覚過敏があり、人とうまくコニュニケーションが取れず、生きづらさを抱えています。

幼少期はいじめも受け、辛い思い出があります。

同じような境遇の方や、身近にASD傾向の方がいる時のお役に立てればと思い、

今回はMさんの特に感覚過敏についての事例をご紹介します。

感覚過敏とは

一般的な感覚過敏には、聴覚過敏、視覚過敏、味覚過敏、臭覚過敏、触覚過敏があります。

聴覚過敏・・・大きな音や特定の音が苦手。全ての音が苦手なわけではない。

視覚過敏・・・光が眩しく感じすぎる。人の顔が見れない等の視覚過敏もある。

味覚過敏・・・特定の味や食感に不快を感じる。

臭覚過敏・・・香水やシャンプー・制汗スプレー等に含まれる芳香剤、その他特定の化学       物質等の匂いを嫌う。

触覚過敏・・・体に触れるもので特定の嫌なもの(服の素材やタグ等)がある。

Mさんの感覚過敏

聴覚過敏

Mさんは聴覚過敏が一番あります。特に人の声に反応してしまいます。

人が多く集まるような場所では、声が何重にもなって大きな声で聞こえ、大変な不快感に襲われます。

小さな子どものたちの声を聞くのも苦手です。

自宅で父母が夫婦喧嘩をしても不調になります。

体調不良の時は、いつもより更に過敏になります。

過敏がひどいと、泣きわめきパニックを起こしてしまいます。

味覚過敏

好き嫌いが激しく、野菜はほとんど食べられません。

肉、ハンバーガー、ポテト、白米など、偏ったメニューを好みます。

野菜の他に、玄米や豆類等も苦手で、味覚過敏の他に、触覚過敏もあるのだと思います。

その他の過敏

M さんは、女性特有の生理前の不調がかなりひどく、精神的にも絶不調になってしまいます。

この状態を感覚過敏というのかどうかはわかりませんが、

自分の体内で起きている変化に、心身が過敏に反応してしまうのだと思います。

Mさんの感覚過敏の対処法

聴覚過敏の対処

周りの音がストレートに聴覚を刺激しないように、ヘッドフォンを使っています。

BOSE社の高級ヘッドフォンです(^ ^)

全ての音がイヤなわけではなく、音楽も聴きますし、うまい人の歌は聞いたりもします。

不調で、いつもより過敏がひどい時は、個室で過ごしています。

その他の過敏の対処

食べ物の好き嫌いはわがままではなく、味覚過敏によるものなので、

無理強いはしません。

無理強いすれば、パニックを起こすでしょう( ; ; )

生理前不調の時も無理をせず休むようにしています。

パニック時の対処法

Mさんは聴覚過敏がひどくなると、机をバンバン叩き、泣きわめきます。

ハサミなどで、ドアを傷つけながら荒れることもあります。

刺激を減らし落ち着くのを待つ

個室を用意し、落ち着くまで待ちます。

なだめても、よけい刺激になってしまうため、声がけも極力行ないません。

おさまったら、気持ちに共感した声がけを行う

「〜がイヤだったんだね。」「たいへんだったね。」と優しく声をかけます。

次にやるべき行動を静かにわかりやすく伝える

「気持ちが楽になるまで個室で休みましょう」

「〜時になって、気持ちが大丈夫だったら作業室に戻りましょう」

など、次にやるべき行動を伝えます。

Mさんは視覚優位の方で、紙に書いて伝えるとわかりやすいようで、

落ち着いて聞いてくれます。

体調に合わせた対応

皆と一緒にいたい!!

Mさんは頻繁にパニックを起こすので、個室で過ごすことが多いのですが、

個室で過ごす時間が長すぎると

「私は、いつまでここにいれば良いのですか💢」と怒ることがあります。そして、

「どうせ私は、こうやって一人ぼっちになっていくんです!!」と泣き出します。

聴覚過敏で環境調整が必要なのですが、

幼少期から人間関係がうまくいかず、いじめられた辛い経験がフラッシュバックして

精神的不安定に陥ってしまいます。

なので、体調を見ながら過ごす部屋を変える配慮をしています。

プラスの声がけ

不安が強く、自己肯定感が低いMさんは、

「自分は他のメンバーに嫌われている」「どうせ一人ぼっち」

という気持ちにすぐなってしまいます。

パニックを起こしているMさんを、静かに遠巻きに見守っている他のメンバーの様子を見て

そのように感じるようです。

「みんなMさんのことが好きだよ。」

「Mさんが落ち着くのを待っているだけだよ。落ち着いたら、また一緒に過ごしましょう」と

プラスの声がけをするようにしています。

まとめ

Mさんは知的ハンディーキャップはなく、高校時代の成績はとても優秀でした。

しかし、感覚過敏というハンディーキャップがあるせいで、

学校生活は大変でしたし、卒業してからも、様々生きずらさを抱えています。

Mさんの事例を参考に

「大きな声や音が苦手な人がいるんだ」

「食べ物の好き嫌いは単なるワガママではないんだ」

と知っていただけるだけで、

「周りの人にわかってもらえない」という辛さを持つASDの方たちが救われます。

素直で裏表のないASDの方たちが、少しでも生きやすい社会になればと願います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする